家事について考える。

「女性は家事をするのが当たり前」という時代ではなくなって、多くの女性が現在では社会で活躍をしています。
そもそも、家事というのは全員が向いているものではないような気がしています。

料理や掃除、家計の管理などが代表的な家事でしょうか。

それぞれ全然違う作業なので、料理が得意で好きでも掃除は苦手なんていうパターンがほとんどではないかと思うのです。
なかなかオールマイティーにはなれないものです。

食事の場合は、最近は外食だったり惣菜もたくさん売られているのでまた助かるのですが、掃除の方はなかなか難しいものがあります。
自動的に動いて掃除をしてくれるロボットはありますが、物を片付けてはくれません。
場合によっては、苦手ならば思い切って家政婦さんに手伝った貰うのもアリだと思っています。