小説を読んで寝不足になる

雑誌などやよく見るのですが、小説を読むことはしばらくありませんでした。
いつか読もう、と思って購入した本もずいぶん溜まってしまい先日ほとんどを買取業者に持っていってしまいました。
もともと古本で買ったものなので、それほど買い取り金額は高くありませんでした。

その中でもずっと読みたかった小説があり、気持ちが乗ってきたときに読み始めています。
まだ半分ほどしか読んでいないのですがやはりとても夢中になって、気付くと深夜になっている日も少なくありません。

小説は夢中になって読んでいると時間がいつの間にかとても経っていることがあります。
悪いことではないのですが、降りる駅を過ぎてしまっていたりということも過去にありました。
それだけいい本に出会えただけでよかった、と自分を慰めています。