飛行機の独特なイメージ

日本人にとって飛行機というものは、車や電車などの交通機関とは別という印象が強いと思います。
それは、空の旅というロマンが心の中にあるからかもしれません。

ハワイ旅行をする、というだけでものすごい贅沢だと言われた時代がありました。
飛行機に乗るということが一大イベントであり、特別な旅というイメージはそこから始まったのかもしれません。
客室乗務員さんは憧れの職業であり続けています。

一方で外国人の飛行機に対するイメージはどうなのかなあ、と思ったりもします。
特にサービスには期待していないようですし、単なる交通手段のひとつとしか考えていないような感じもします。

どうせ空の旅をするのならば、目的地に行くまでも楽しみたいものではあります。